個人輸入で薬やサプリを手に入れる

インターネットを利用すれば、個人輸入で薬や美容サプリを簡単に手に入れることができます。簡単に購入することはできますが、薬事法のことなど注意すべきことはありますので、事前に調べたうえで利用すると安心です。また、同じような製品でも、海外製品は日本で流通している製品とは処方が違うことがあります。いつも購入している製品と内容に違いがある場合も考えられます。個人輸入する場合には、事前に情報を集めて、安心して利用できるようにするとよいです。

OTC・一般医薬品とは、医師による処方箋を必要としない、On The Counterつまりカウンターごしに購入できる医薬品のことをいいます。これには副作用などのリスクによって第一類から第三類までの分類があり、リスクの高い第一類と第二類については、これまで法律によって国内でのネット販売が禁止されてきました。
しかし、個人輸入医薬品については、自己使用を目的とする場合には法律で規制されないため、インターネットから代行業者に依頼して手に入れることができ、、国内での購入よりも値段を安くすることも可能です。
これまで法律による規制が続いきた国内販売ですが、ことし一月の最高裁によって国の規制は無効という判決が下り、それ以降は販売に踏み切る業者が相次ぎ、実質的に第一、第二類のネット販売は解禁状態となっています。